業界初の試みも。歴史ある化粧品会社「ちふれ」

今年、ブランドが誕生して50周年を迎える「ちふれ」。名前の由来は、全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)という団体と業務提携をし、地婦連の「ん」をとって「ちふれ化粧品」という名前になったそう。

筆者は、昔から愛用者だった母に勧められ、かれこれ10年近く愛用しています。創業当時は、値段の安さや、知名度の低さから、なかなか売上が伸びず、苦戦を強いられていたそうです。かく言う筆者も、「いいものは高い。」と信じており、愛用者になる前は高い化粧品を使っていました。ただ、「広告を出していない=商品の値段を安く設定できる」「百貨店に置いてある=信用があるからこそ」「母の若かりし時代からのロングセラー商品=昔から変わらず使い続けている人がいる」というキーワードは気になっており、使ってみたいとは思っていました。

きっかけは、子供が生まれ、自分のことにお金をかけることができなくなったという現実的な理由からですが、筆者は現在も以前使用していた高価な化粧品となんら遜色なく使用できています。やはりこの「プチプラ」+「品質の良さ」は魅力で、現在は全国有名百貨店を皮切りに、大手スーパー、ドラッグストアやAmazonなどの通販でも気軽に購入でき、また2003年には、広告方針を変えてCM放映に踏み切り、近年は著名人を起用したCMや広告も目にする為、知名度も格段に上がっている印象です。

そして、特筆すべき点は、1974年「詰め替え商品」を製造。1978年「商品の成分内容と分量を全商品に表示」する。という、当時では業界初の試みを実施したこと。消費者の気持ちに沿った取り組みが、50年という長きに渡り愛され続けている理由なんでしょうね。そんなロングセラーブランド「ちふれ」の化粧水で選ぶポイントをじっくり見ていきたいと思います。

【出典】株式会社ちふれ化粧品公式ホームページ

あなたに合った化粧水を選ぶポイント「その1」

「肌質を理解する」

化粧水に限らず、肌につける化粧品で気をつけたいのは、あなたがどんな肌を持っているか。ということです。また、年齢や季節による肌質の変化も軽視できません。どんなに評判が良くても、どんなに好きなブランドでも、どんなに肌に良いとされる成分が入っていても、自分の肌に合っていなければ、逆に肌を痛めてしまう可能性があります。それでは使っている意味がありません。あなたの肌質をきちんと理解した上で、必要な成分が入っている化粧水を選びましょう。

あなたに合った化粧水を選ぶポイント「その2」

「肌質に必要な成分を把握する」

例えば、シミにはビタミンCが良いとよく言われています。けれど、もしあなたが乾燥肌なら、ビタミンCは皮脂の分泌を抑える性質があり逆にあなたの肌を痛めてしまうかもしれません。あなたの肌質を見極めた上必要な成分を把握しましょう。肌質はいろいろありますが、大きく分けて5種類あると言われています。では、肌タイプ別に必要な成分を見ていきましょう。

肌タイプ 特徴 必要な成分 成分名
普通肌 ・脂っぽくなく、カサカサもしていない健康的で理想の肌質  

・保湿成分

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、トレハロース
脂性肌 ・顔がテカっていて、毛穴が黒ずんでいる・ニキビ、吹出物がある

・化粧崩れしやすい

・ビタミンC誘導体成分

・保湿成分

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、(水溶性)セラミド、リン酸アスコルビンNa、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)、イソフラボン、ハマメリスエキス?
乾燥肌 ・肌がカサカサ、ハリがなく白い粉が吹いたような状態

・冬は?などが赤く、かゆみが出る?

・保湿成分 セラミド、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、アミノ酸?
敏感肌 ?・ちょっとした刺激に反応してしまう

・かゆみやかぶれ、ニキビなどのトラブルが起こりやすい

・アトピー肌の方

・保湿成分

・バリア機能向上成分

・抗炎症成分

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド2(ヒト型セラミド)、ヘパリン類似物質、アミノ酸、グリチルリチン酸、カミツレエキス、イプシロンアミノカプロン酸?
混合肌 ・一部分(Tゾーンが多い)はテカっているのに、他の部分(フェイスラインが多い)は乾燥している。? ・保湿成分

・抗炎症成分

・収れん作用成分

ヒアルロン酸、トレハロース、グリチルリチン酸ジカリウム、ハマメリス、エゾコウギ?

ちふれ化粧水おすすめラインナップ

化粧水 とてもしっとりタイプ

トロッとした肌当たりの良いなめらかな感触で、肌にしっかりなじんで潤いを与え、もっちりとした肌に。

注目する成分とオススメ肌タイプ

保湿成分であるヒアルロン酸トレハロース配合されています。ノンアルコールなので刺激に弱い乾燥肌、敏感肌の方にオススメ。

ちふれ化粧水【とてもしっとり】の口コミ

  • もっととろみが強いのかと思ったけれど、意外にさらっとして使いやすい
  • 冬に使用すると、肌の乾燥を感じなくなった。
  • コットンパックに使用している。肌に馴染んで使用後はしっとりしている。

化粧水 しっとりタイプ

角質層へすっと浸透。ベタつかず、ぶるんと潤いあふれる肌へ。乾きがちな肌にたっぷり潤いを与え、肌あれや乾燥を防ぎます。

注目する成分とオススメ肌タイプ

保湿成分ヒアルロン酸トレハロース配合されています。脂性肌乾燥肌混合肌の方にオススメ。また、炎症を抑える働きが期待されるグリチルリチン酸2Kも配合されています。

ちふれ化粧水【しっとり】の、口コミ

  • 敏感肌でも、刺激がないので安心して使用を続けている。肌荒れも改善できた
  • プチプラなので、たっぷり使用していると、吹き出物が改善され、その後も出にくくなった
  • しっとりというので、ベタベタするのかと思ったらサラサラな使用感で、ちゃんと肌になじむ

化粧水 さっぱりタイプ

爽やかな感触で、肌にみずみずしいうるおいを与える化粧水。

注目する成分とオススメ肌タイプ

保湿成分であるヒアルロン酸トレハロースが配合されていますが、他のちふれ化粧水に比べると、成分がシンプルで、さっぱりとした化粧水に仕上がりになっていると言えます。夏場にさっぱりしたい方や、普通肌脂性肌の方にオススメ注意点は、エタノールが多めに配合されているので、皮膚がアルコールに敏感な方はパッチテストなどでご確認を

ちふれ化粧水【さっぱり】の、おすすめコメント

  • ニキビが出来やすいので、毎日使用していたら、改善された
  • 脂性でなので、アルコールの爽快感が肌をサラサラにしてくれるが、乾燥しないのがいい
  • 夏場に使用している。日焼けし、火照った肌にコットンパックにすると、ヒリヒリが治った

化粧水 ノンアルコールタイプ

アルコールに敏感な方へ。繊細な肌をやさしく包み込み、しっとり柔らかく。

注目する成分とオススメ肌タイプ

保湿成分であるラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)トレハロース、ヒアルロン酸Na等が配合されており、保湿に期待できそう。そして、商品名の通りノンアルコールなので、特に敏感肌の方、普通肌脂性肌の方にオススメ

ちふれ化粧水【ノンアルコールタイプ】の、口コミ

  • 敏感肌なので、余分な原料が入っていない商品を探し続けてやっとこれに出会えた
  • 肌が弱いので、これに変えてから肌が荒れたり、染みてヒリヒリしたり、赤くなることがなくなった
  • 肌荒れが気になっていたが、刺激もなく使っているうちに改善された

美白化粧水W しっとりタイプ

美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水。なめらかに馴染んで、しっとり潤う肌に。

注目する成分とオススメ肌タイプ

美白成分のアルブチン安定型ビタミンC誘導体であるL-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されていますが、保湿成分であるポリエチレングリコール4000や、トレハロース、ヒアルロン酸Na等も配合されています。美白だけでなく、保湿もしっかりケアしたい乾燥肌の方にオススメノンアルコールで、医薬部外品です。

【出展】医薬部外品

ちふれ化粧水【美白化粧水W しっとりタイプ】の、口コミ

  • 使い続けていると、劇的にではないが、気づいたらシミが薄くなっていた
  • 使用を続けていくうちに、毛穴が目立たなくなり肌荒れが改善された
  • 脂性肌だったが、使っているうちに肌のベタベタ感が気にならなくなった

美白化粧水W

美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水。

注目する成分とオススメ肌タイプ

メラニンの生成を抑えるアルブチン、安定型ビタミンC誘導体であるL-アスコルビン酸 2-グルコシド、2種類の美白成分が配合されています。また、保湿成分トレハロースヒアルロン酸ナトリウム(2)等が配合されているので、美白に期待しつつ、保湿もしっかりケアできる化粧水と言えます脂性肌乾燥肌混合肌の方にオススメ。ノンアルコール、医薬部外品です。

【出展】医薬部外品

ちふれ化粧水【美白化粧水W】の、口コミ

  • ずっと使っていたら、肌が潤ってきてくすみが改善された
  • 低刺激なので安心して使える。肌への浸透感が感じられ肌荒れしなくなった
  • 日焼けした後も、使い続けているといつもの肌のトーンに戻っている気がする

美白化粧水VC

美白成分、安定型ビタミンC誘導体の働きで、メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水。しっとりとした柔らかな肌に。

注目する成分とオススメ肌タイプ

美白成分である安定型ビタミンC誘導体、L-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されていますが、美白化粧水Wシリーズとの違いは、肌荒れ防止成分であるグリチルリチン酸2Kが多く配合されているので、肌荒れに悩んでいる、普通肌脂性肌乾燥肌混合肌の方にオススメ。また、保湿成分であるヒアルロン酸ナトリウム(2)トレハロース油溶性甘草エキスもしっかり入っているので、美白・保湿・肌荒れケアに。

ちふれ化粧水【美白化粧水VC】の、口コミ

  • 使い続けていると、現状の肌の色を維持できていて、あまり日焼けしてないことに気がついた
  • しっとりというので、ベタベタするのかと思っていたが、サラサラの使用感で気持ちいい
  • ずっと使い続けていると、くすんでいた肌が明るくなった印象になり、シミも目立たなくなった

濃厚 化粧水

とろりとした感触で肌に溶け込み、しっとり柔らか肌に。

注目する成分とオススメ肌タイプ

シャクヤク根エキスは、美白、保湿成分として、ヒアルロン酸保湿成分として配合されており、見た目年齢が気になりだした方、乾燥肌の方にオススメです。ノンアルコールです。

ちふれ化粧水【濃厚 化粧水】の、口コミ

  • トロッとしていますがベタつかず、なじみも良く使い心地がいい。使用後、肌がしっとりする
  • アルコールフリーなので敏感肌でも安心して使える
  • 毛穴が目立っていたが、使い続けているうちに改善された

 

5種類だけじゃない!肌質お悩み別でオススメする、ちふれの化粧水

ニキビ肌さんにおすすめの、ちふれの化粧水はこれ

  • ちふれ化粧水【さっぱりタイプ】
  • ちふれ化粧水【しっとりタイプ】
  • ちふれ化粧水【ノンアルコールタイプ】
  • ちふれ化粧水【美白化粧水W】
  • ちふれ化粧水【美白化粧水VC】

肌を清潔に保ち、潤いも与えてあげる。生活のリズムも見直して

ニキビができる原因は様々だと言われています。肌を清潔に保つニキビケアももちろんですが、食生活や、睡眠時間などにも気をつける必要があるそうです。生活のリズムが乱れている方、食事に脂っこいものをよく摂る方は日々の生活を見直してみることも検討してみては?

シミ、ソバカス、くすみが気になる人におすすめ、ちふれの化粧水はこれ

  • ちふれ化粧水【美白化粧水W】
  • ちふれ化粧水【美白化粧水W しっとりタイプ】
  • ちふれ化粧水【美白化粧水VC】
  • 濃厚 化粧水

紫外線は1年中降り注いでいるという事実。

慌ただしい毎日で日焼けのことなど気にしていられないという方も、気づけば知らないシミ、ソバカスがいっぱい!という可能性もあります。紫外線は曇りの日も含め、1年中降り注いでいるそう。シミ・ソバカスを防ぐ毎日のお肌ケアにビタミンC誘導体、美白成分の入ったちふれ化粧水を取り入れては。

年齢による肌の変化が気になる人におすすめの、ちふれ化粧水はこれ

  • 濃厚 化粧水

見た目年齡が加速したら、お肌が「いうこと」を聞いてくれない

年齢を重ねると、ホルモンのバランスが乱れるなど、若いころとは違う肌環境に。毎日のスキンケアでじっくり保湿を

実はインナードライ肌?気になる人の、ちふれ化粧水はこれ

  • ちふれ化粧水【とてもしっとりタイプ】
  • ちふれ化粧水【しっとりタイプ】
  • ちふれ化粧水【ノンアルコールタイプ】
  • ちふれ化粧水【美白化粧水W しっとりタイプ】

自称脂性の方、洗顔後つっぱる?実はインナードライ肌かも

普段は脂性だと思っていても洗顔するとなぜか顔がつっぱる。という方は、インナードライ肌の可能性があります。肌が乾燥しているところに一生懸命脂を補充しようとして油分が出てしまうそう。さっぱり系の化粧水よりも、しっとり系の化粧水でテカテカしているところを保湿してあげましょう

肌荒れさんにおすすめの、ちふれ化粧水はこれ

  • ちふれ化粧水【美白化粧水VC】

時期的・継続的な敏感お肌は、肌荒れに気をつけて

季節の変わり目でお肌が敏感な状態になっていたり、もともと敏感肌の方は、炎症を抑える成分が入っている美白化粧水VCがおすすめ。ノンアルコールなので、お肌にも負担が軽減され、敏感肌の方も安心して使えそう。

まとめ

以上、8種類のちふれ化粧水をおすすめしましたが、やはり選ばれる理由は、安かろう悪かろうではない「コストパフォーマンスの高さ」プチプラなので、「惜しみなく使える」ということではないでしょうか。ただ、記事にも書いている通り、どんなに評判が良くても、どんなに肌に良いものを使っていても、合う・合わないは個人差によりますので、使用前に気になる方は、パッチテストをおすすめします。ご自身の肌質をきちんと理解して、あなたに合うちふれ化粧水が見つかるといいですね。