\ この記事のポイント /
住宅ローンについて色々種類があるから金利だけで選ぶと損である。

住宅ローンは金利で選ぶ?

住宅ローンを選ぶ時、皆様はどのような選び方をしていますか?まず気になるのは金利かと思います。住宅金融支援機構によるアンケートでもフラット35以外のものを選んだ方の理由が「金利が低い」で、68%に及びます。

住宅ローンを選んだ決め手(フラット35以外)

フラット35を選んだ方の中で一番多かった理由は「金利上昇に備えて将来の返済額を確定」で61.8%。2番目が「金利が低い」で50.6%になります。では満足度はどうでしょうか?

金利の水準に対する満足度はフラット35でもそれ以外でもあまり多くなく、5段階評価の平均が3.46から3.58で、項目で言えば「やや不満」としている方達が一番多いという結果でした。

この結果から、金利で選んでもあまり満足は望めないということもわかります。

 

では、金利以外に選ぶ基準をどこに持っていけば良いのでしょうか?特に金利を低くすることには限界がある昨今、金融機関ではプラスアルファの保証をつけることで他社との比較を作っています。特に保険に関しては近年目覚ましく発展しました。

保険というとお金が無い時は入らないし、真っ先に契約解除してしまうものでもありますが、入っておくと様々な安心がもらえます。住宅ローンに入るだけで無料でつけられる保証も多くありますので、ここではそんな住宅ローン選びのポイントと、おすすめの主な銀行を書いていきたいと思います。

住宅ローンの種類と選び方

項目 選び方の内容 解説
選び方1 金利 変動型・固定期間選択型・全期間固定型
選び方2 種類 フラット35・民間ローン・財形融資
選び方3 内容 融資実行のタイミング・借入費用
選び方4 申し込み方の違い ネット申し込み・窓口対応あり・窓口対応なし

金利に注意する

金利で選ぶ際に気を付けたいポイントは、金利が低い状態がずっと続くわけではないかもしれないこと。

変動型や固定期間選択型など金利が低いタイプの住宅ローンは、返済中に金利が変わります。将来返済額が増えてしまう可能性もありますので注意が必要です。

少しばかり金利は上がりますが、全期間固定型など金利が固定されるタイプもありますので、将来設計のしやすさでいえば断然安心感があります。

金利の低さだけで選ばずに、将来の設計をきちんと考えて選ぶようにしましょう。

種類について知っておく

住宅ローンは金利で選ぶだけではありません。種類があります。全期間固定型の「フラット35」は代表的ですが、金利は窓口になっている金融機関ごとに異なります。

民間の金融機関の住宅ローンがいわゆる「民間ローン」。変動型と固定期間選択型が多いですが、店頭により金利を下げるサービスがあったり、借入費用や借りたあとのサービスもチェックが必要です。また、不動産会社との提携ローンもこれに該当します。まれに条件の良いものもありますので是非確認をしておきましょう。

最後に財形貯蓄をしている人向けの「財形融資」があります。勤務先で1年以上50万円以上の貯蓄がある人向けの融資になりますが、5年固定型になります。勤務先によって申し込み先が変わりますので、担当者に確認が必要です。

内容を確認する

もちろん内容も大切です。特に融資実行のタイミングが、物件購入の決済日に合わせて貰えるかどうかが重要になってきます。簡単で安心なのは不動産会社の提携ローンになりますが、自分で選んで申し込んだ場合は必ず確認をしましょう。

次に借入費用に該当する金額は契約先によって異なりますので必ずチェックしましょう。「手数料」「保証料」「団体信用生命保険料」がこれに当たります。団体信用生命保険料にオプションを付けられるところもあります。特定の疾病にかかったら返済が免除されるオプションも増えてきていますので、必ずチェックして下さい。

申し込み方法の違いも把握しておく

4つ目の注意点は今までの住宅ローンのお話というよりも、銀行の対応のお話になります。

ある意味一番気を付けないといけないことで、ネット申し込みのみの銀行もあります。それを苦にしない方なら問題ありませんが、ネットでの申し込みに不安がある方、相談をしたい方にはやや不便を感じさせてしまいます。もちろん電話での問い合わせくらいは出来ますが、それに時間がかかるのが嫌な方や、対面で話したい方は窓口対応のある銀行を最初に選んでおいた方が間違いがありません。はじめのうちにチェックをしておいた方が無難なことかと思います。

住宅ローンを行う主なおすすめ銀行

銀行名 特徴
1、じぶん銀行 金利も低く全ての手続きがネットで完了。がんと診断されただけで返済が半分に。
2、りそな銀行 特定の怪我や疾病になったら住宅ローン残高が無くなります。
3、住信SBIネット銀行 生命保険と怪我や病気の保険が全ての疾病に対し無料でつきます。金利もしっかり低いです。
4、楽天銀行 業界最低水準の金利を実現。団体信用生命保険も充実しました。
5、ARUHI 住宅ローン専門金融機関の安心。最短3営業日でのスピード審査、保証人も不要。
6、イオン銀行 イオンでお買い物をされる方は毎日5%オフのお買い得。

じぶん銀行

全ての手続きをネットで簡単。最短10日で契約完了。がんと診断されたら返済が半分に。

じぶん銀行は手続きがネットで完了するので時間の無い方には最適で、書面も不要なため収入印紙代もかかりません。団体信用生命保険も無料で、がんと診断されれば治療や就業不能かどうかに関わらず、保険料として住宅ローンの残高が半分になります。他にも返済口座への資金移動の手数料や一部繰上返済手数料が無料になります。金利の低さも魅力です。

りそな銀行

病気やケガで所定の状態になったら住宅ローン残高がゼロ円に。金利対策も積極的。

腎臓病で今後人工透析が必要になったり、不整脈で恒久的にペースメーカーをつけることになったりした場合などに、保険料として住宅ローン残高が無くなります。他にもWEB申し込み限定金利プランや、所定の手数料無料、りそなクラブポイントプレゼントなどの特典があります。メガバンクの中では特に金利対策に積極的です。給料振り込みなどでりそな銀行をお使いの方には特にぴったりなローンです。

住信SBIネット銀行

生命保険料が無料なだけではなく、全ての疾病やケガを保証する保険に無料で入れます。

契約者にもしものことがあれば、保険料にて住宅ローンが完済されます。また、病気やケガで働けなくなった場合、月々の返済がゼロ円になり、働けないまま12か月経てば住宅ローンの残高が無くなります。女性ならがんと診断されたら30万円の保険金もおりるので安心です。ただしすべてにおいて精神障がいは除きますので注意が必要です。ここまでの保証がついて金利もしっかり低く、保証料も無料です。

楽天銀行

業界最低水準の金利を実現。※楽天銀行調べ(2016年度累計実績)

フラット35は全期間固定金利型での金利最低水準になりましたので、安心して将来設計が出来ます。保険に関しては無料ではありませんが、三大疾病つきにすれば介護保障や身体障害保障もついて更に安心に。ネットバンクなので来店も不要です。

ARUHI

住宅ローン専門金融機関での安心感と業界最低水準金利により実行件数上位に※ARUHI調べ

フラット35はスタンダードタイプにより業界最低水準の金利を実現。住宅ローン専門金融機関としての実績が後押しします。保証人・保証料無料もお手軽。別途上乗せをすれば充実した保険にも入れますし、全国140店舗以上あるのでサポートも充実しています。WEBでの申し込みもできます。

イオン銀行

イオンでのお買い物が毎日5%オフに。イオン感謝デーなら合計10%オフ。8疾病保証付きも。

イオンでまめにお買い物をする人には大きい5%オフ。感謝デーは更にプラス5%オフで10%に。上乗せはあれど他行ではなかなかない8疾病保証付きも魅力的。ガンと診断されたら残高が無くなりますし、脳卒中や急性心筋梗塞の状態で60日経過すればこちらも残高ゼロに。保証料も無料です。

住宅ローンの総合おすすめ人気ランキング

商品名 金利 種類 内容 申し込み方の違い
1位:住友SBIネット銀行
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • 民間ローン
  • 保証料無料
  • 全疾病保証無料
  • 女性のがん診断で保険金
  • ネット申し込み
2位:じぶん銀行
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • 民間ローン
  • がん保証
  • 一部手数料が無料
  • ネット申し込み
3位:りそな銀行
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • 民間ローン
  • 一部手数料無料
  • 疾病などで所定の状態になったらローン完済
  • ネット申し込み
  • 窓口対応あり
4位:ARUHI
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • フラット35
  • 保証料無料
  • ネット申し込み
  • 窓口対応あり
5位:楽天銀行
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • 民間ローン
  • 三大疾病保証付きがある
  • ネット申し込み
6位:イオン銀行
  • 変動型
  • 固定期間選択型
  • 民間ローン
  • 8疾病保証付きがある
  • 保証料無料
  • ガン診断で残高ゼロ
  • イオンでのお買い物5%オフ
  • ネット申し込み
  • 窓口対応あり

1位.住友SBIネット銀行

商品名 評価
金利 固定型と固定期間選択型の両方を選べます。金利も業界最低水準ではないが、手厚い保証を考えると低い
種類 民間ローンなので、期間限定プランなども存在しますので、その都度確認が必要です。
内容 団信だけでなく、全疾病保証まで無料でついて基本付帯。保証料と、一部繰り上げ返済の手数料なども無料です。女性ならがんと診断されただけで30万円の保険金がおります。
申し込み方の違い ネット申し込み(電話で質問が出来ます。)

住友SBIネット銀行の特徴

何より充実した保証が無料というのが大きな特徴です。団信だけではなく、全疾病保証が無料でついているのは住友SBIネット銀行だけ。金利に関しても高いわけではなく、むしろ低い銀行に追随する勢いです。これだけの保証がついて低金利を実現できるのは母体の大きさもさることながら、借りる人も多さもあるのかもしれません。

\ この商品はこんな人におすすめ /
金利も低く抑えたいけれど、充実した保証もほしい人

住友SBIネット銀行の口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
30代/男性 保証が無料でついてくる安心感。その上金利も低い。
30代前半/会社員/女性 金利の安さと保険の充実は勿論、女性のガン保険もあったことが決定的。育休中でも審査に通った。
40代/女性 8疾病と条件なしで更に金利が安い。持病についてもわかりやすく記載されていて、内容がすぐ理解できた。
審査の返事も早かった。
40代/男性 金利、保険等もろもろ他より良く感じた。オペレーターが親切。

これらの口コミから、保証の充実と金利の低さが魅力的であると理解ができます。内容もわかりやすく書いてあるようですし、わからないことは何でもオペレーターに電話で聞けば答えて貰えるようですので、安心して契約できそうです。

住友SBIネット銀行にした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
30代後半/会社員/男性
  • 優遇後の金利が最も低い
  • 保険も充実
30代前半/会社員/男性
  • 金利の低さ
  • 団体信用生命保険の疾病保証が充実
  • 実店舗に行く手間が無い
  • 電話をするときには何日もつながらない
  • 借入後の利便性が良い
  • 訪問や電話による勧誘がない
30代後半/会社員/男性
  • 金利が安い
  • 繰上げ返済や他行への振込手数料が無料
  • 保険内容が充実している
  • ネットで簡単に振込が出来、ATM手数料が無料
  • ローン審査が早い
  • 相談窓口があって安心

住友SBIネット銀行は金利の低さは勿論、やはり保険が充実している点が大きなポイント。大手銀行が大本になっているぶん、振り込み手数料無料や相談窓口が充実しているのも利点。ネット銀行ならではのマイナス点もあるとは思いますが、わずらわしさがなく、保険や借入後の利便性は高く評価できる銀行です。

2位.じぶん銀行

じぶん銀行にした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
男性
  • 返済額が安くなった
  • 夜間に手続きが出来て便利
  • 不備があればコールセンターから連絡が来る
  • 契約後もアプリやwebで返済スケジュールなどの閲覧が可能
30代後半/会社員/男性
  • 他と比べて安いと感じた
  • 様々な保証も魅力
  • ネットバンクだから申込みや利用も簡単
  • がんの診断による半額保証も安心
40代/会社員/男性
  • 金利の低さ
  • 保険オプションが充実している
  • 手続きの便利さとサポートの充実、相談のしやすさ
  • 契約後の返済予定表もマイページ上で閲覧可能
  • 繰り上げ返済などの手続きも簡単

金利の低さと全ての手続きがネットで完了する事が魅力のじぶん銀行。コールセンターからの連絡もまめで、忙しい人でも忘れずに手続き出来るのは安心でしょう。アプリでの管理もあるので契約後もわかりやすく便利。がん診断での半額保証までついて、言うことがなさそうです。

3位.りそな銀行

りそな銀行にした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
40代/会社員/男性
  • 金利の低さ
  • 保険オプションの充実
30代前半/会社員/女性
  • 女性専用の住宅ローンで団信が無料
  • 一生懸命対応してくれた
40代/会社員/男性
  • 金利が他行より低い
  • 保証を手厚くすると他行の方が金利が低い

りそな銀行の住宅ローンは金利の低さは勿論、病気になった時の保証が手厚いのと、銀行員の対応の良さが光ります。窓口対応という制限はありますが、色々な不安が払しょくされて納得した契約になっていることもわかります。保証を手厚くすると支払額が上がってしまう所は他行と同じなので、銀行に足を運べるか否かでの判断になりそうです。

4位.ARUHI

ARUHIにした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
30代前半/会社員/男性
  • フラット35だった
  • 金利がとても安い
  • 人気がある
  • 手続きも迅速丁寧
30代前半/会社員/男性
  • 最も経済的な住宅ローン
  • 返済計画を立てやすい
  • 金利が安い
30代前半/会社員/男性
  • 金利が低かった
  • 借入期間中の金利が変動しない
  • 保証料も0円
  • 繰り上げ返済でも手数料が無料
  • 契約前の面談でも対応が丁寧

ARUHIの住宅ローンはやはり金利の低さが魅力。金利も変動しない固定型なので、物価が上昇しても給料に反映されない会社の方や、今後の見通しを細かく考えたい方は安心して契約できているようです。

5位.楽天銀行

楽天銀行にした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
30代後半/会社員/男性
  • 楽天グループを多く利用する
  • 貰えるポイントが上がった
30代後半/会社員/男性
  • 金利がかなり低い
  • ボーナス返済がなくても、楽に返済ができる
  • 保険オプションも充実
40代/会社員/女性
  • 楽天銀行と楽天カードを使用していて、家計管理を楽にしたかった
  • 店頭よりも手続きが簡単で審査も早い

楽天銀行の住宅ローンはその金利の低さを理由に契約をする人が多いのは確かですが、上記のように楽天カード会員など楽天ユーザーにとっては更にお得になるとわかりました。楽天のポイントはたまりやすくなっていますので、ネットショッピングを利用する方は楽天の住宅ローンはかなりお得かもしれません。

6位.イオン銀行

イオン銀行にした決め手に関する口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
30代前半/会社員/男性
  • 近くにイオン銀行のブランチがある
  • 5年間はイオン店舗でのお買い物が5%割引になる
例)30代後半/会社員/男性
  • 金利の低さ
  • リフォーム一体型の金利
  • イオンセレクトクラブで買い物が5%OFF
  • 窓口での手続に安心感がある
 30代前半/会社員/男性
  •  金利が安い
  • ネットだけではなく窓口も利用できる
  • 繰上げ返済手数料が無料
  • イオンゴールドカードを年会費無料で発行

イオン銀行の住宅ローンはイオンでのお買い物が安くなったり、ゴールドカードを無料で発行してくれることが人気のポイントになっています。ネット申し込みだけではなく、窓口もがあることも良い点のようですが、やはり近所にイオンがあってよく行く方は検討してみてはいかがでしょうか。

色々ある住宅ローン、どこから考えてどこで決着する?

ここまで、住宅ローンを取り扱う銀行と、選ばれた理由などを見てきました。やはり金利が欠かせないポイントだという人も多いでしょう。このほか注意した方が良い点は、ネットで完了するのか、それとも対面で相談したいのかという点です。

ご自分で色々調べてかつ決められる方ならば、ネットで完了できて時間を問わないネットバンクが良いでしょうが、他者に相談したい事がある場合や、少しでも知識のある人に聞きたいことがある場合、ネットでのやりとりに不安がある場合は、窓口対応を行っているところを選んだ方が良いでしょう。

ネットor窓口が決められたら、次に金利だけではなく、保証や手数料、借入後の利便性なども見ていった方がプラスになるとわかりました。特に保険に関しては無料で入れるところもありますので、今一度検討しておいた方が将来のためになります。

また、楽天やイオンなどショッピングが出来る母体がある所では、独自の対応を考えている所もありました。よくショッピングをされる方は間違いなくお買い得になりますので、こちらも要検討です。ここまで見て来るとかなり絞れてくるかと思います。そうしてやっと金利で選べば、自分に合った住宅ローンが見えてくると思います。是非試してみて下さい。